FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000越え記念!?

benibana2.jpg
benibana.jpg

★カウンターが1000を越えました!

今回の写真は、「アカバナトチノキ」。
セイヨウトチノキとベニバナトチノキの混雑種だそうです。
セイヨウトチノキは、日本在来のトチノキと同じようなクリーム色の
花を咲かせます。パリのシャンゼリゼ通りの並木に使われている
「マロニエ」として知っている人もいるでしょうか。

アカバナトチノキはピンクの花が華やかですが、園芸種です。
秩父では大滝支所の前に一本植えられていますので、興味の
ある方は行ってみてください。花の時期は、在来トチノキとほぼ
同じ頃、5月中旬前後です。

小耳にはさんだところでは、マロングラッセに使われていたのは
元々はマロニエ(セイヨウトチノキ)の実で、それにクリを代用した
ところから、クリをマロンと呼ぶようになったとか・・・。

秩父ではトチの実は主に栃餅の材料として使われていますが、
日本のトチノキの実もマロングラッセにして食べられるのでしょうか。
ちょっと試してみたいかも・・・
スポンサーサイト

神庭洞窟とイノシシ

洞窟

写真は、神庭洞窟を下の遊歩道から見上げたところです。
※神庭洞窟は、秩父市の大滝地域、神岡地区にある遺跡です。
旧三峰ロープウェイを過ぎてしばらく国道を行くと、左手の急斜面
にその姿を現します。(看板もあるのですぐ分かりますよ)

神庭洞窟は、もう1万年以上も前から人が狩りの時の宿や
住居として利用してりうのが確認されているそうです。

kaniwa2.jpg

洞窟からの対岸の眺めはこんな感じ。
急な斜面の下には荒川の荒々しい流れがあり、
なかなかの眺めです。
雨風がしのげるだけではなく、洞窟の奥(そんなに深くない)からは、
水がしみ出していて、暮らすには便利だったのかもしれません。

先日、雨がしとしと降る中、エコツアーの下見にここを訪れた時のこと。
斜面につけられた道をのんびり歩いて、洞窟まであと5mほどの所へ
来た時、洞窟の陰から体長1mもないくらいのイノシシが飛び出して
きました!
うり模様はなかったのですが、大分若い個体だったみたいです。
それはもう大あわてで、走り出した斜面で、つんのめったのか
ひっくり返ってしまい、更に慌てて斜面を駆け下りていきました。

すごく驚かせてしまったようで、申し訳ない気持ちに。
その反面、あれが巨大イノシシだったら、逆に人間の方がびっくり仰天
だったかもしれません。

洞窟のぬかるみには、色々な生きものの足跡がついていたので、
生きものもこの快適な洞窟を大いに利用しているとは思っていましたが、
いきなりの出会いに、私は大感動ものでしたが、周りはひやひやしたようです・・・

野生の生きものとの出会いは、常に感動と危険が裏腹なのだと
改めて思った次第であります・・・

つとっこツアーを開催しました!

この週末(20090530-31)、あいにくの天気ではありましたが、
秩父版のちまき“つとっこ”を作るエコツアーを開催しました!

まずはできあがった美味しそうな“つとっこ”をご覧下さい!
tutokko0531-2.jpg

今回のエコツアー、つとっこづくりを一から全部体験してもらう!
というのがミソ。
材料を揃えて作ってもらうのは比較的簡単なのですが、材料の
下ごしらえやトチの葉の採集など、あまさず体験してもらいました!
私も“つとっこ”づくりは初体験。
地元の“つとっこ達人”の指導があるとはいえ、想像以上に大変でした~。
だからこその皆さんのこの笑顔♪なのです。
tutokko0531.jpg

何が大変かって?
ぜひ、体験しに来て下さい。
トチの葉が柔らかすぎず硬くなりすぎない、この季節だけできる
体験です。

お問い合わせは、お気軽に「おおたき源流ツーリズム」まで、どうぞ!
(※イベントちらしの中のおおたき源流ツーリズム事務局まで)
プロフィール

morimizu

Author:morimizu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。